女介護職の転職前に知っておくべきこと

女性の転職先として人気の高い職種に介護の仕事がありますが、これまでに全く違う職種から介護に関連した資格を取得して転職するケースも多くなっています。

高齢化社会が進む現代社会においてお年寄りが生活をしやすい福祉環境を作ることは今の日本において欠かせない課題になっており、高齢化が進む一方で少子化が進んでいる背景もあるのでお年寄りを見る若い世代が少なくなっています。

これは介護求人情報サイトなどを見ても分かるように多くの介護関連の情報が求人として出されている現状がありますが、これは単に人手不足が深刻化しているだけでなく転職率が高いことも問題になっています。

介護は仕事の内容から考えた場合に決して見合っている賃金と言えないところもありますが、人と人とのつながりの仕事でもあるのでコミュニケーションを図ることが得意な人にとってはやりがいのある仕事でもあります。

女性が介護職に転職を考えている場合に知っておくべきこととしては、取得している資格によって働き先や仕事内容が変わってくるという点で、これまでに全く資格がない状態から新たに介護の世界で働きたいと考えている場合だと最初に取得する資格は介護職員初任者研修になります。

この資格を取得している状態で介護の仕事をすることによって介護実績がつくようになり、新しい資格取得を目指すことが可能になり、スキルを向上して女性介護管理職として働いている人も実際には多くいます。

ちなみに結婚をしていて子育てをしている女性や家事をしている女性だとフルタイムでの就業が難しいという人も多いと思いますが、人手不足のところも多いことからアルバイトや派遣での就業も可能になっています。

転職をするためには求人を探す必要がありますが、求人情報の探し方についてもインターネットの求人サイトや転職支援サイトなどを活用することによって便利に探すことができるので在職中からでも求職活動をすることが可能になっています。

反論のリプの不思議

私はフィギュアスケートが好きなので、人のツイートを見るときもやはりフィギュアスケートファンの人のを見ます。
好みが同じ人のツイートを読むのが1番楽しいですけど、それだけだと偏るから私があまり見ない選手の滑りをよく見ている人のツイートも大事です。以前はブログをよく読んでいましたが、今はツイートの短いコメントに慣れてしまったので、ブログ記事はあまり読まなくなりました。
先日見つけたツイートは、私の好みと似ている人のものでしたが、そのツイートに反論のリプがついていました。その反論は、私はどうしても頷けない内容で、そのツイート主さんにとってもそうだったようで、理路整然と反論し返していました。
そしたら反論のリプをした人が、それきりリプをつけなくなっていました。かなわないと思ったのでしょうか。だったらそもそも、なんであんな反論のリプをしたのか・・、それなりの根拠がなかったのかと思いました。
こういうこと、けっこう多いです。年収交渉に強い転職エージェント比較はhttp://planesyplanetas.com/をご覧下さい!

介護職は転職回数が多いと不利?

介護に転職する場合に気になるのがこれまでの転職回数ですが、一般的に女性でも男性でも関係なく転職回数が増えるのは新しく仕事をするにあたって不利だと言われており、これは雇う側からの信頼度が低いことが理由になります。

雇う側は雇ってもすぐに即戦力となるとは限らず、これまでに介護の仕事の経験があったとしても新しい職場で馴染むためにはそれ相応の時間も必要になるので、その間には本来なら不要なコストが発生することになります。

せっかく一人前になって会社の中で即戦力として働いてもらうことができるようになったのに離職してしまっては困りますが、転職回数が多いと転職されてしまう可能性が高いことでもあるので雇う側としては避けたいのが実情です。

ただし、転職回数の多さが必ずしも転職をする上で不利になるとは限らず、転職を何度かして身につけたスキルがある場合や多くの職場で経験したからこそ分かることもたくさんあります。

同じ転職回数でもアピールの仕方によって随分と面接官に与える印象は変わるということを意識して書類作成や面接に挑むことが大切で、マイナスを上手にプラスへ変える意識というのも働く上で必要なスキルになります。

転職回数が多い場合は敢えてスカウトサービスを活用するという方法もあり、これは転職支援サイトやエージェントのサービスで活用することができるもので、自分の経歴や保有資格、アピールポイントなどを公開して気に入った会社に声をかけてもらうというものです。

エージェントサービスであれば転職におけるプロのスタッフに対応してもらうことができるので、転職回数が多い場合の対処法などをプロの目線から伝授してもらうことができます。

また、転職の多い理由は必ず面接で問われる部分になってくるのでスキルアップが目的で転職が増えたなどプラスとなる要素で伝えることが大切で、前職が嫌になったので離職したというようにマイナスの情報は不利になるので注意が必要です。

介護への転職で給料はどうなる?

介護業界への転職において気になるのが給料の低さですが、テレビのニュースなどを見ていると給料の低さがピックアップされることもあるように数ある職種の中で見た場合も給料は低めに設定されています。

少子高齢化の波に伴って今後は増々高齢者に対する福祉は充実したものになっていくことが予想されていますが、介護サービスを受ける場合は国から一定の負担を受けることによって安く利用することができる仕組みになっています。

高齢化が進むことによってさらに国からの支援というのは受けることが難しくなるので、この状態が継続すると介護事業の負担は大きくなり、必然的に人件費の部分における負担が大きくなる可能性があります。

しかし、これは全体的な介護職における話しであり働く場所によっては平均的な給料よりもさらに高いお金をもらって働くことができる場合もあります。

介護への転職において少しでも給料を多く貰うために必要となるのがスキルや経験の有無などになりますが、上位資格を取得している場合は特に貰える給料は多くあるので少しでも良い条件の中で働くためには資格の取得というのもポイントになります。

介護の資格を取得していることによって働くことができるところは多くあり、それぞれの就業先によっても平均的な年収が違ってくるので給料の条件が少しでも良いところに転職したい場合は就業先による相場を把握することも大切です。

また、給料を考える場合は単に月給という面で考えるのではなく賞与についても考える必要がありますが、月給が低くても賞与がたくさん貰えるところであればトータル的な年収は増えます。

ただし賞与というのは確実に貰うことができるお金ではないため、信頼性という面では確実なものではないという点に気をつける必要があります。

相場については求人サイトに掲載されている給料を比較することによってその地域の大まかな給料の相場を知ることができるので求人サイトの活用をおすすめします。

介護の転職で経験者じゃなくてもやっていけるか

介護の分野に転職をしようと考えている場合に新たに資格を取得して違う分野に飛び込もうとしている女性は多くいますが、介護職員研修の資格を取得することによって参入できる分野であり、ハローワークの職業訓練などにも対応していることが多いのでこれを利用している人も多くいます。

気になるのは介護の転職は経験者じゃなくてもやっていけるのか、という部分ですが、介護の資格を取得する場合に一連の介護のスキルについては習得しているので、全く最初から通用しないということはないです。

ただし、研修と実際の現場というのは大きなギャップがあるのが普通で、研修の時は良い具合に介護ができていても実際に介護の世界で働くようになると仕事に上手く順応することができずに離職してしまうケースもあります。

人手不足の業界ということもあって求人情報サイトなどをチェックすると多くの求人がありますが、それだけ仕事が探しやすいということでもあるのでまったく未経験の人が働くこともあります。

経験者じゃなくても上手に順応して仕事をできている人はたくさんいるので、大切なのは仕事を甘く見て取りかからないことや研修などに参加して仕事をする前に大まかな仕事の流れなどを把握しておくことです。

また、初心者大歓迎の老人施設もあるのでこのような求人募集を出しているところに応募視して仕事をする場合は初心者から少しずつステップアップできるように仕事の内容も柔軟に変えてくれるなどのサポートを受けることができます。

初心者が未経験の介護分野に転職を考えている場合は自分の適性とマッチした仕事を探してもらうという意味でも転職エージェントや転職支援サイトなどの利用をおすすめしますが、これによって初心者でも安心して働くことができる職場をコンサルタントに紹介してもらうことができます。

一方で即戦力を要しているところだと未経験者がいきなり働くには敷居が高いという点に気をつける必要があります。

介護の転職できついとよく聞かれるけど、実際はどうなの?

介護の転職をするにあたって仕事がきついという話しを耳にすることがあるので、なかなか行動に移すことができない人もいますが、介護の主な業務は身体介助になってくるので成人を相手に介護するのは女性だと特に肉体的な疲労感については否めない部分です。

また、認知症の人がいる老人施設になってくると上手にコミュニケーション取ることが難しい相手とのやりとりになるので気持ちの面での負担についても大きくなっており、介護業界の離職率は肉体的な負担や精神的な負担によるものが大きいと言われています。

夜勤の仕事などが入ってくる場合は寝不足によって自律神経のバランスなどが乱れてしまうこともあり、これによって体に不調の症状が現れてしまう可能性があります。

一方で、きついながらも介護に転職して良かったという女性の声も多いのが実際のところであり、どんな仕事であってもお金を貰うためにはそれなりの対価が必要になるということを考えると仕事に対してやりがいを持つことができるかどうかという部分がきついと感じるか否かに関わってきます。

介護業界は給料の低さが時折話題になりますが、これは介護保険制度が充実してないことや少子高齢化の波に十分な社会制度が備わってないということなども理由としてあります。

介護と言っても直接的な身体介助がメインになっている仕事もあれば、事務がメインの仕事になっている場合もあり、それぞれの働き方によってきつさも変わってくるため介護の仕事だから体力的にも精神的にも負担がかかるというのは先入観になります。

離職率が高い職種でもあるため、結果的に仕事内容がきついように感じる部分もあるのですが、求人が多いのでさらに条件が良いところで働くという目的の人も多くなっていて必ずしも体力的や精神的な問題だけとは限らないです。

また、最初のうちはきついと感じていても同じところで長らく働いていると体は自然に慣れてくるので負担も小さくなるのが普通です。